MV AGUSTA ブルターレアメリカ カスタマイズカラー

MV AGUSTA ブルターレ800に往年の名車750S AMERICAカラーのモデルが出るらしい。

その2台を並べた写真がこちら。

往年の750Sのアメリカンカラーの赤青白をうまく反映していますね。そして現代のラインアップに合わせたデザインにもなっています。

 

そして、ブルターレ800 アメリカ

 

ただ、私としてはせっかく「アメリカ」という名前を冠するなら、ここはもう少しノスタルジックに寄せてみたい。
ということでラインと青に対する赤の配分を750Sに近づけてみました。

 

個人的にはテールカウルは青ではなく、赤にしたほうが750Sに近いと思う。赤にして750Sならぬ800Sと入れてみたい。
タンクの白いラインも親子線ではなく、750Sイメージの一本ラインに変更。シルバーのフロントサイドカバーにつながるラインになりました。タンデムシートを青にすることでタンクとのカラーバランスを図ってみた。細かいところで、テールライト上のタンデムアームレストなのかな?を黒からシルバーに変更するともっと良いかなと思います。

 

もしも、エンジンがシルバーならフロントフェンダーやホイールもシルバーにすると徹底して750Sによせられるのだが、ピボットフレームやホイールも黒なので、そこはいじらず、ここまでで往年の精悍な印象になると思う。

ところで次期F4が待ち遠しいですが、どんなのが出てくるか楽しみですね。メーカー自体が無くなりませんように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください