Kawasaki Ninja H2SXカスタムペイントデザイン

さていよいよカワサキのブランニュー、スーパーチャージャー搭載のツアラーモデルが公開になりました。

H2が登場し、Webや各バイク雑誌でいろいろとCGスクープ画像を見ながら待ちかねていました。公式画像が公開されたのでさっそく未来のマイバイク候補の

H2SXのカスタムペイントデザインをしてみました。今回のテーマは初期型のZXR750のような塗り分けパターンを採用し、メガツアラー系から少しスポーティーな印象でやってみました。オリジナルはパーツごとの塗り分けがメインですが、散漫な印象になりがち。オリジナルのペイントをするなら、そこはあえて大胆にやりたいですね。

 

ということで、この案ができました。いかがでしょうか。アッパーカウルからステップまで黒い帯を通したデザインにしています。ライムグリーン率を上げるためにホイールのリム部分のみボディー同色のライムグリーンにし、全体として黒とグリーンのバランスを取りました。これだけで軽快感が増したと思います。シートも黒い表皮に変えたいですね。画像には反映していませんが、できればステッチはライムグリーンで。

H2 SX 

H2 SX カスタムペイントデザイン案

オリジナル版

私がオーナーになるとしたら2,3年先になるかと思いますので、その頃に程度の良い中古車が出ていたら、例えばこのようにオリジナルのカスタムペイントをしたいと思います。

もしもオーナーになる予定の方でカスタムペイントをしたいと思っていらっしゃるようでしたら是非一度ご相談ください。

 

Kawasaki Ninja H2SXカスタムペイントデザイン」への2件のフィードバック

  1. 中川晃宏 より:

    フロントとリムは賛成。サイドカウル、こうしちゃうとZラインがきえちゃんじゃないでしょうか、などと

  2. kojikoji より:

    中川様

    コメントありがとうございます。
    Zラインとおっしゃている部分はオリジナルには感じませんでしたので、そこは気にせず、ぜっかくのスーパーチャージャー搭載なのですから、エアインテイクからスーパーチャージャー、後輪へとつながるイメージを強調してみました。

    また、近年のNinja1000系のカウルのパーツごとに塗り分ける方式を継承しているところから、同社のツアラーモデルの印象を持ちました。そこを個人の趣向から、往年の大胆なレーサーレプリカイメージを借りて少しスポーティに振ってみたというものになります。

    また、コメントいただけますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください