エッシャーが命懸で守った男。メスキータ回顧展

サミュエル・イェスルン・デ・メスキータは、
マウリッツ・コルネリス・エッシャー Maurits Cornelis Escher 
に影響を与えた画家で、エッシャーの入学した美術学校の講師でもあり、恩師にもあたる人物。
1944年に強制収容所に送られ、そこで家族もろとも殺されましたとのことです。
残された作品は、エッシャーたちが持ち帰って命懸けで保管し、戦後すぐに展覧会が開催されたそうです。そういう意味でこの展示会のキャッチコピーとなっているようです。
そのおかげでこうして観ることが、そして知ることができてありがたいことです。


もともと私はエッシャーが好きで、その人に影響を与えた人物の展覧会とあって、行かねばと思っていたのですが月曜日が休館だったのを忘れており、金曜日は20時までやっているとのことでしたので再度調整し、なあんとか駆け込んで観てきました。時間が足りるか心配でしたが作品に魅了され、結局ギリギリまで観ることに。

私は学生時代、版画を学びました。といってもシルクスクリーン。リトグラフとエッチングとの3択でしたが、よりデザイン志向の強い(と当時感じた)シルクスクリーンを選択しました。楽しそうだと思ったのもありますが。

そういうこともあり、エッシャーやメスキータのような木版や銅版の白黒の世界観の作品を見るとアート志向の強い作品と思いがちなのですが、メスキータもエッシャーも十分グラフィックデザインの要素が含まれており、それに感銘を受けるのなら、やはり自分は基本的には平面の人なのだなと改めて感じました。

会場の最後に撮影可能のエリアが タペストリーになった作品群

版画ということもあり、一部もしかして浮世絵の影響もうけたのかなと思う作品もあったので後で調べてみると、やはりそういう指摘もあるようです。

以下の公式サイトに掲載されている、
《幻想的なイマジネーション:さまざまな人々》1925年頃、個人蔵
《ワシミミズク》1915年、個人蔵
《トーガを着た男》1923年、個人蔵
《パイナップル》1928年、個人蔵
などが個人的にはすごく惹かれました。
残念ながら《幻想的なイマジネーション:さまざまな人々》絵葉書が
ショップになかったので画集を買っておきました。
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201906_mesquita.html

階段部分の天井

まだ会期は残っていますので、夏休みを利用して観に行くのもよろしいかと。
比較的空いていると思います。ステーションギャラリー自体も見ものですよ。新幹線で降りたら東京駅ですので楽に行けますし、東京みやげも駅構内は充実していますよ。

ARAI GP6S カスタムペイント完成

四輪用ARAI GP-6Sのカスタムペイントデザインをご依頼いただき、無事納品されたのでご紹介。

四輪用ヘルメットのデザインは本件で3つめになります。今回のテーマは F1ドライバーのセバンスチャン・ベッテル選手の日本GPバージョンをベースに、オーナー様の思いを散りばめたデザインとなっています。

正面 スクデリーアフェラーリのニューロゴをイメージしてあしらっています。
右側面 #21はオーナー様の番号。ベッテル選手は#5

レースに使用するとのことでしたので、安全祈願の意味を込めて折り鶴を加えました。

イタリアントリコロールラインにフェラーリのエンブレム

オーナー様はフェラーリにお乗りとの事で、エンブレムとベッテル選手のマスコットである赤い忍者をあしらっています。

後頭部 日本のお城好きのオーナー様。城のイラストとご自身のネームも要素に加えました

トリコロールストライプをオフセット。これはベッテル選手のデザインに合わせています。ベッテル選手はドイツ人なので、黒赤黃のストライプなのですが、オーナー様はフェラーリ乗りなのでイタリアントリコロールとしました。また、ドットパターンが散りばめられているのはベッテル選手の2018年ハンガリーGPのヘルメットに由来しています。

左側面 跳ね馬の背景のブルーはラップ塗装です

側面の大きな跳ね馬もハンガリーGPのヘルメットに大きく入っていたのをイメージしています。

日本GPのヘルメットデザインをベースとしてデザインを始めましたが、エレメントはオーナー様独自となり、一見ベッテル選手風であるものの、オリジナルな印象にまで昇華できたかと思います。

こちらはオーナー様からいただいた、シールドやステッカー、ボルト類をセットアップした後の写真です。やはりヘルメットのカスタムペイントにはオーナー様の個性が表現できて面白いですね。納品に際しては熱いメッセージもいただき、非常に喜んでいただけました。この度は誠にありがとうございました。

最後にデザイン画をご紹介。この絵から見事なまでにイメージ通り、いやそれ以上の完成度で仕上げていただいたFactoryKondo様にも感謝いたします。

他にも写真がありますので、よろしかったらサイトもご覧ください。https://www.rider-graphix.jp/helmet

Versys1000カスタムペイントデザイン案

カワサキのヴェルシス1000が2019年モデルでブランニューになりました。

昨年までのデザインは個性的すぎだと思っていましたが、今回のヴェルシス1000は、Ninja250などのデザインラインを反映して、かっこ良くなりました。ようやく万人受けなデザインになったと思います。これなら購入したいと思う人も多いのではないでしょうか。かく言う筆者も気になるモデルになりました。

かねてからヴェルシスは4気筒エンジンでした。2気筒のスポーツアドヴェンチャーモデルが多い中、そこが個性的でした。4気筒エンジンが好きな筆者はこのモデルチェンジで選択肢のストライクゾーンに入ってきたなと思っています。

さっそくぱっと見はノーマルかも思うようなグラフィックにカスタムペイントするというコンセプトでバリエーションを3つほど作成しましたのでご紹介します。

まずはノーマルのヴェルシス1000。オーソドックスなデザインの中にロゴを大胆に配置したところに拍手。ただ、筆者はライムグリーン魂なので、もっとライムグリーンの領域を多くしたいと考えました。基本的にはパーツ単位で色を変え、なるべく塗り分けしないようにしています。


そこで、1つ目のデザイン。
サイドカウルのグレーを挟むようにグリーンがシート前端に潜り込んでいるラインですが、ここをあえて反対側に回り込むよう直線的なラインにしました。グレーも明るいプラチナシルバーのようなグレーにし、グリーンとのメリハリをつけました。1000と入っているパーツの形状がかっこいいので、そこを目立つようにあえてフレーム(カバー)を黒くし、えぐられているようにしています。
またがると膝で隠れてしまう部分ですね。

3つの案に共通しているのは、Fフェンダー前部とトップケースの蓋、ハンドガードをグリーンに。さらにホイールにはグリーンのリムテープをいれています。更にシートはタンデムシート前部を少し低くし、軽快感を出しています。黒い表皮に変更する想定です。


2つ目のデザイン。
サイドカウルをほぼプラチナシルバーにしてラインを強調した案。デザインの意図がわかりやすくなりましたが、プラチナシルバーの面積が増えた分、若干軽快感は少なくなりました。少しドカに似た印象もありますね。


3つ目のデザイン。
今度はオールライムグリーンです。サイドカバー前部とさらにはパニアケースの蓋も塗ってしまおうという案。筆者の1400GTRの印象にも似ています。大胆なロゴ配置もやめて入れられるところにさりげなく入れています。一番地味で重厚な案かもしれませんがライムグリーンの面積が増えて筆者的にはありだと思う案です。ちなみに実車にまたがって直立させてみましたが、さすがに1400GTRと比較すると軽快に起こせたのが印象的でした。

パニアケースの蓋ですが、ライムグリーンを増やした分、トリム部分を黒にしてバランスを取っています。グリーンのラインも黒くしています。

こうやってグラフィックをいじっていると、ノーマルのデザインは良く考えられているなと思います。カスタムペイントの参考になれば幸いです。気になる方は下記のバナーのリンク先からお気軽にお問い合わせください。

SHOEI X-14 カスタムペイント完成

SHOEI X-14のカスタムペイントデザインをご依頼いただき、無事完成したとの連絡を受け、納品前に撮影させていただいたので一部ご紹介。

今回もペイント施工はファクトリー近藤さん。いつもデザインに忠実に、かつ整合性に関しては平面を立体に当てはめていくのだから、辻褄が合わなくなったりすることも多いのだが、こちらのデザインの意図を汲んでイメージが変わらないように仕上げていただけています。毎度その技術には驚かされるばかり。

そんな近藤さんとのコラボレーションだがX-14では2回めの取り組み。今回は神奈川の秋葉モーターサイクル様よりのご依頼でデザインをさせていただいた。秋葉モーターサイクル様からは2度めのご依頼で前回はARAIのRX-7RRR5。たしか当時すでに7Xは発表されていたがタイミングでRX-7RR5となった。

これまでに近藤さんとのコラボレーションも数多くこなしてきているので、どんなデザインをすると工程が複雑で工数があがるかといったことはおおよその把握できている。出来上がったデザイン案を確認してもらい、予算の関係で流石にそこまでは表現できないと言う場合は、お客様と相談して工数を抑えつつ、デザイン性をスポイルしない表現を見出していく、といったデザインとペイントとのバランスを取る作業を経てペイントに入る。お客様には事前にデザインを平面で確認していただいているので、完成後のトラブルもない。仕上がった時は立体ということもあるがデザイン画以上ものに仕上げていただける。そこが近藤さんの凄いところでありコラボレーションの醍醐味である。

ということで、今回のデザインはこちら。※一部だけご紹介します。最初にお客様からご要望をいくつかいただき、どう料理するかはこちらの裁量。提案の反応が良い場合は素直に嬉しいものです。

X−14アキバ カステムペイントデザイン ライトビュー
X−14アキバ カステムペイントデザイン リヤビュー

そして、塗装完成がこちら。

完成 ライト
完成 フロントライト
完成 フロント
完成 リヤ

デザインのイメージどおりかつ、こちらが気が付かなかった点なども細かいところであってもいい塩梅でやっていただけるので、クオリティもアップしています。

なお、X-14はパーツ点数が多いが壊すことなくばらせるのでバラして塗装後に組むのはしやすい方とのこと。(工数はかかるが)他にはNEOTECなどもばらすのは大変だが可能とのことです。その他のSHOEIモデルはディフューザーなどのパーツが溶着されていたりするので壊さないでバラせない場合があるとのこと。上記以外のSHOEIヘルメットでカスタムペイントをする際は事前に確認が必要ですね。

RiderGraphixバナー

SHOEI VFX-WR カスタムペイント納品

久しぶりにオフロードヘルメットのカスタムペイントデザインをご依頼いただき、過日無事納品されたのでご紹介。

最近の本格的オフロードヘルメットは形状が複雑になる傾向。そうなるとどこからみてもきれいなラインをきれいに通すのは非常に難しくなる。ここまで複雑だと形状をうまく利用していくことでまとめる方向でいくしかない。しかもゴーグルバンドで隠れる部分があるので、そこに凝ったデザインをしても効果がなく、そこは踏まえた上でデザインすることが肝要である。

今回のテーマは、オーナー様のお名前のイニシャルTとUをメインのモチーフとしつつ、オーナー様が飲食店の多角経営されている方で、どこかにその意味を含んだエレメントを入れる。また、随所にお店のロゴやご自身のチーム名称などの必要要素を加え構成した。もちろん前述のゴーグルバンドで隠れることも意識したデザインとしている。

バイザーにはSHOEIロゴ、オーナー様のチームロゴを配置。形状が複雑なため、可能な限り歪みが少なくなるような位置を探した。写真では確認が難しいが、広い青い面積には漢字で「美蔵」と入っている。光の具合で見え隠れする処理。事業が飲食業であるから正に「隠し味」となった。

写真中央の3色の逆くの字は、オーナー様が経営するお店のジャンル「イタリアン」「そば」「和食」をそれぞれ表現している。

おでこから伸びる4本ラインは四本目の事業展開を意味している。四本の矢のごとし。デザイン的には速さを表している。青のラインをわざとずらすことでオフロードのジャンプをイメージしている。バイザーの角度が変わってぴたりと合う瞬間もあるのも狙っている。

4本ラインの下地の赤帯には「美蔵」の頭文字Mが、やはり隠し味的に見え隠れする。

幸いにもイニシャルにTがあったので、Tの横線の部分をゴーグルバンドで隠れる位置に配置した。

後頭部はオーナー様の似顔絵イラスト。後ろを走るライダーに睨みを効かせる意味でいれたが、よく見ると笑顔の優しい顔の絵になっている。

お客様にも大変喜んでいただけで良かった。デザインの機会をいただきまして誠にありがとうございました。最後に、私のデザインを見事に忠実に再現してさらに美しく塗装していただいたFactoryKondo様にも感謝いたします。

rider-graphix

Shoei EX-Zero カスタムペイントデザイン

Shoei EX-Zeroというネオクラシカルな、イカしたニューモデルが出たのでさっそく自分流にペイントデザインを作ってみましたのでご紹介します。

J.Oでもカスタムペイントデザインをしましたが、EX-Zeroはチンガードもありますのでデザインの幅が広がります。やはりJ.Oに続いてこのグレーがイメージカラーなのでしょうね。このグレーをベースに活かした案を考えてみました。

光の具合で見え方が変わるようベースのグレーにパール系のクリアをかける想定の画像です。

YAMAHAのMTシリーズにもあるようにグレーベースにフラッシュイエローの組み合わせはかっこよくみせる配色ですね。

Z900RS Cafe
Z900 RS CAFE

クラシックスタイルのヘルメットでカフェレーサーやツアラー、ネイキッドのバイクなんかに乗るのも多様化の時代ですから良いかもしれませんね。

もしもこのデザインが気になりましたらお気軽に下記サイトよりお問い合わせください。

バイクに乗っているピエロのイラストTシャツです

新作のイラストでTシャツを作りました。

1枚から購入できますのでよろしくお願いいたします。

今回はレディース用Tシャツも設定しています。

ピエロライダーという商品名です。

以下のサイトから購入可能です。

Tシャツトリニティ https://www.ttrinity.jp/shop/ridergraphix/

 

こちらはメンズ。キッズサイズからXXXLまであります。色も豊富です。

こちらはレディースタイプ。メンズTシャツでもWomanサイズがあり、そちらは色が豊富です。

ちなみにこんな絵です。

よろしくお願いいたします。

奥多摩 むかし道

田舎にバイクを保管してからは手元にバイクがなく、どこに行くのも電車という休日生活の日々が続いています。

さて、そんなある日、と言っても1ヶ月ほど前になります。奥多摩に電車で行き、むかし道をウォーキングしてきました。ホリデー快速に乗ると便利です。ホリデー快速には同じ目的の同じような服装の人で埋まります。大半は御岳駅で降ります。御岳山も人気の登山コースですね。過去に2度違うコースを堪能しました。

むかし道はJR青梅線の終点・奥多摩駅から奥多摩湖へと続く全長約10キロのハイキングコースです。詳しくは「奥多摩 むかし道」で検索するとたくさん情報が出てきますのでそちらを参照してください。

今回は、奥多摩駅から奥多摩湖へ向かうコースを歩きました。このコースだと最後に30分ほど急坂を登ります。それがなまった体には少ししんどいですが登りきったところにある青目立不動尊に「Cafe Indigo Blue」さんがあります。そこで美味しいジェラートをいただき一息つくことができました。ここは奥多摩湖を一望できる景色の良いところですよ。

あとは、奥多摩湖畔まで下りバスに乗って奥多摩湖駅まで戻るコースでした。帰りの中央線は完璧に寝ていました。寝過ごさなくてよかった。

次回は奥多摩湖一周コースに挑戦しようかと思っています。

 

スタート地点の看板。こんなコースです。

 

廃線の跡。

 

鉄橋の跡。

 

トイレも随所にあって安心です。

 

ここは東京か?と思うほどの景色が続きます。目の保養になります。紅葉の季節もいいですが新緑の季節も開放的でリフレッシュできますね。

ダム建設鉄道の鉄橋。

 

白髭神社。このあたりは岩信仰があったそうです。

 

薪がきれいに並んでいる小屋がありました。

 

3から5人が限度の吊橋。二箇所あり。

結構ゆれて怖いです。

 

最後の急坂を30分ほど登ると見晴らしの良いお休み処があります。バイクでは2度ほど来たことがあったのですが徒歩だとゴール感が強烈です。1年前までは蕎麦屋さんだったCafe Indigo Blueさん。インディゴつながりで来てみました。笑 ジェラート美味しかったです。

お店を出ると湖畔まで一気に下ります。奥多摩湖畔のバス停留所から。

バスですんなり奥多摩駅まで戻りました。ヘトヘトにはならない程度の楽しいコースでした。いつもはバイクで通り過ぎるだけなので見ていなかった奥多摩の魅力を再確認しました。

 

新作イラストTシャツ

新作イラストTシャツのお知らせです。Ducati SuperSport750 Imola、所謂ポールスマートレプリカのリアルイラストTシャツです。

さっそくお買い上げいただき誠にありがとうございます!サイズや色も豊富です。今回のアイテムはTシャツ、ロングT、パーカー。Tシャツはレディース用もご用意しています。ポールスマートファンの方、1枚いかがでしょうか?

こちらからご覧ください。

ducati-supersport750

4月のソロツー

真夏の暑さとの予報で、これは出かけるしかないと思い、想い出の山中湖と名栗湖に土日で走ってきました。

山中湖畔の富士山を撮るにはナイスなスポット。オーナーズクラブの仲間に教えてもらってからは富士山とツーショットならここが定番になりました。桜の季節に来たのは初めて。下界では終わっている桜も山中湖畔では散り際。それも風情があって良いものです。

河口湖ICから山中湖へ移動し、湖畔についたら左折すれば近い場所なのですが、直進し最後を惜しむように湖畔を一周してみました。

今回は雲一つない完璧な富士山とご対面。ここまで完璧な空で綺麗な富士山はめったに見られませんね。

しらばくGTRは田舎で保管することにしましたので、関東を走ることはもう無いかもしれない。最後に記念に富士山と撮影をしたいと先週から思っていたところ、気持ちが通じたのか富士山からご褒美いただいたようです。

行きは中央道。帰りは道志みちというコース。道志みちの道の駅はイベントでもあったのかと思うほどバイクが来ていたので素通りしました。まるで東京モーターサイクルショーの駐輪場さながらの様相でした。しかし、たくさんのバイクとすれ違いましたがかなりの割合で手を振ってきます。最近流行っているのでしょうか。昔はよくやっていましたね。良いことだと思います。

 

次の日。もう一つの思い出の地。名栗湖(有間ダム)へ記念撮影に行ってきました。2日連続でバイクに乗るのは久しぶりです。天気が良いとなかなかの奥行きのある絶景です。(冬も良いですが凍結に注意)このダムは車輌進入可能なのでバイクと綺麗な景色を撮るには絶好なロケーションです。インスタ映えしますね。バイクもトライクも車もたくさん来ていました。皆さん記念撮影しているので被らないようにという暗黙の了解で間隔を置いて駐車しています。

ダムの少し下流にさわらびの湯という温泉があります。何度も行ったことがあるのですが、最後に行っておこうと思いさらっと入浴。お肌がスベスベになりますよ〜。笑 暑くならないうちに帰ろうと午前中に帰路につきました。

最後に思い出の地につれていくことができて良かった。GWはGTRも里帰り。明石のカワサキ重工や神戸のカワサキワールドに行こうかなと思っています。