ARAI GP6S カスタムペイント完成

四輪用ARAI GP-6Sのカスタムペイントデザインをご依頼いただき、無事納品されたのでご紹介。

四輪用ヘルメットのデザインは本件で3つめになります。今回のテーマは F1ドライバーのセバンスチャン・ベッテル選手の日本GPバージョンをベースに、オーナー様の思いを散りばめたデザインとなっています。

正面 スクデリーアフェラーリのニューロゴをイメージしてあしらっています。
右側面 #21はオーナー様の番号。ベッテル選手は#5

レースに使用するとのことでしたので、安全祈願の意味を込めて折り鶴を加えました。

イタリアントリコロールラインにフェラーリのエンブレム

オーナー様はフェラーリにお乗りとの事で、エンブレムとベッテル選手のマスコットである赤い忍者をあしらっています。

後頭部 日本のお城好きのオーナー様。城のイラストとご自身のネームも要素に加えました

トリコロールストライプをオフセット。これはベッテル選手のデザインに合わせています。ベッテル選手はドイツ人なので、黒赤黃のストライプなのですが、オーナー様はフェラーリ乗りなのでイタリアントリコロールとしました。また、ドットパターンが散りばめられているのはベッテル選手の2018年ハンガリーGPのヘルメットに由来しています。

左側面 跳ね馬の背景のブルーはラップ塗装です

側面の大きな跳ね馬もハンガリーGPのヘルメットに大きく入っていたのをイメージしています。

日本GPのヘルメットデザインをベースとしてデザインを始めましたが、エレメントはオーナー様独自となり、一見ベッテル選手風であるものの、オリジナルな印象にまで昇華できたかと思います。

こちらはオーナー様からいただいた、シールドやステッカー、ボルト類をセットアップした後の写真です。やはりヘルメットのカスタムペイントにはオーナー様の個性が表現できて面白いですね。納品に際しては熱いメッセージもいただき、非常に喜んでいただけました。この度は誠にありがとうございました。

最後にデザイン画をご紹介。この絵から見事なまでにイメージ通り、いやそれ以上の完成度で仕上げていただいたFactoryKondo様にも感謝いたします。

他にも写真がありますので、よろしかったらサイトもご覧ください。https://www.rider-graphix.jp/helmet

SHOEI X-14 カスタムペイント完成

SHOEI X-14のカスタムペイントデザインをご依頼いただき、無事完成したとの連絡を受け、納品前に撮影させていただいたので一部ご紹介。

今回もペイント施工はファクトリー近藤さん。いつもデザインに忠実に、かつ整合性に関しては平面を立体に当てはめていくのだから、辻褄が合わなくなったりすることも多いのだが、こちらのデザインの意図を汲んでイメージが変わらないように仕上げていただけています。毎度その技術には驚かされるばかり。

そんな近藤さんとのコラボレーションだがX-14では2回めの取り組み。今回は神奈川の秋葉モーターサイクル様よりのご依頼でデザインをさせていただいた。秋葉モーターサイクル様からは2度めのご依頼で前回はARAIのRX-7RRR5。たしか当時すでに7Xは発表されていたがタイミングでRX-7RR5となった。

これまでに近藤さんとのコラボレーションも数多くこなしてきているので、どんなデザインをすると工程が複雑で工数があがるかといったことはおおよその把握できている。出来上がったデザイン案を確認してもらい、予算の関係で流石にそこまでは表現できないと言う場合は、お客様と相談して工数を抑えつつ、デザイン性をスポイルしない表現を見出していく、といったデザインとペイントとのバランスを取る作業を経てペイントに入る。お客様には事前にデザインを平面で確認していただいているので、完成後のトラブルもない。仕上がった時は立体ということもあるがデザイン画以上ものに仕上げていただける。そこが近藤さんの凄いところでありコラボレーションの醍醐味である。

ということで、今回のデザインはこちら。※一部だけご紹介します。最初にお客様からご要望をいくつかいただき、どう料理するかはこちらの裁量。提案の反応が良い場合は素直に嬉しいものです。

X−14アキバ カステムペイントデザイン ライトビュー
X−14アキバ カステムペイントデザイン リヤビュー

そして、塗装完成がこちら。

完成 ライト
完成 フロントライト
完成 フロント
完成 リヤ

デザインのイメージどおりかつ、こちらが気が付かなかった点なども細かいところであってもいい塩梅でやっていただけるので、クオリティもアップしています。

なお、X-14はパーツ点数が多いが壊すことなくばらせるのでバラして塗装後に組むのはしやすい方とのこと。(工数はかかるが)他にはNEOTECなどもばらすのは大変だが可能とのことです。その他のSHOEIモデルはディフューザーなどのパーツが溶着されていたりするので壊さないでバラせない場合があるとのこと。上記以外のSHOEIヘルメットでカスタムペイントをする際は事前に確認が必要ですね。

RiderGraphixバナー

SHOEI VFX-WR カスタムペイント納品

久しぶりにオフロードヘルメットのカスタムペイントデザインをご依頼いただき、過日無事納品されたのでご紹介。

最近の本格的オフロードヘルメットは形状が複雑になる傾向。そうなるとどこからみてもきれいなラインをきれいに通すのは非常に難しくなる。ここまで複雑だと形状をうまく利用していくことでまとめる方向でいくしかない。しかもゴーグルバンドで隠れる部分があるので、そこに凝ったデザインをしても効果がなく、そこは踏まえた上でデザインすることが肝要である。

今回のテーマは、オーナー様のお名前のイニシャルTとUをメインのモチーフとしつつ、オーナー様が飲食店の多角経営されている方で、どこかにその意味を含んだエレメントを入れる。また、随所にお店のロゴやご自身のチーム名称などの必要要素を加え構成した。もちろん前述のゴーグルバンドで隠れることも意識したデザインとしている。

バイザーにはSHOEIロゴ、オーナー様のチームロゴを配置。形状が複雑なため、可能な限り歪みが少なくなるような位置を探した。写真では確認が難しいが、広い青い面積には漢字で「美蔵」と入っている。光の具合で見え隠れする処理。事業が飲食業であるから正に「隠し味」となった。

写真中央の3色の逆くの字は、オーナー様が経営するお店のジャンル「イタリアン」「そば」「和食」をそれぞれ表現している。

おでこから伸びる4本ラインは四本目の事業展開を意味している。四本の矢のごとし。デザイン的には速さを表している。青のラインをわざとずらすことでオフロードのジャンプをイメージしている。バイザーの角度が変わってぴたりと合う瞬間もあるのも狙っている。

4本ラインの下地の赤帯には「美蔵」の頭文字Mが、やはり隠し味的に見え隠れする。

幸いにもイニシャルにTがあったので、Tの横線の部分をゴーグルバンドで隠れる位置に配置した。

後頭部はオーナー様の似顔絵イラスト。後ろを走るライダーに睨みを効かせる意味でいれたが、よく見ると笑顔の優しい顔の絵になっている。

お客様にも大変喜んでいただけで良かった。デザインの機会をいただきまして誠にありがとうございました。最後に、私のデザインを見事に忠実に再現してさらに美しく塗装していただいたFactoryKondo様にも感謝いたします。

rider-graphix

Shoei EX-Zero カスタムペイントデザイン

Shoei EX-Zeroというネオクラシカルな、イカしたニューモデルが出たのでさっそく自分流にペイントデザインを作ってみましたのでご紹介します。

J.Oでもカスタムペイントデザインをしましたが、EX-Zeroはチンガードもありますのでデザインの幅が広がります。やはりJ.Oに続いてこのグレーがイメージカラーなのでしょうね。このグレーをベースに活かした案を考えてみました。

光の具合で見え方が変わるようベースのグレーにパール系のクリアをかける想定の画像です。

YAMAHAのMTシリーズにもあるようにグレーベースにフラッシュイエローの組み合わせはかっこよくみせる配色ですね。

Z900RS Cafe
Z900 RS CAFE

クラシックスタイルのヘルメットでカフェレーサーやツアラー、ネイキッドのバイクなんかに乗るのも多様化の時代ですから良いかもしれませんね。

もしもこのデザインが気になりましたらお気軽に下記サイトよりお問い合わせください。

RX-7X イタリアンカラー

ARAIのRX-7Xでイタリアンカラーのヘルメットデザインを新たにを作りましたのでご紹介します。

今回は太めのセンターラインをメインに、チェッカーフラッグの鉢巻ラインにしています。

シールドホルダーにMVアグスタのロゴを配置。ドカティのロゴでも似合うかと思います。

また、シールドホルダーには単色で済むようなデザインにしてなるべくコストもかからない方向にしています。

後頭部ネックまわりにはシャンパンゴールドで高級感を演出しています。

RX-7X MV-AGUSTA

 

※もしこのデザインが気に入ったら以下のサイトからご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

BMW K1300S 外装カスタムペイントデザイン

お客様より、塗装が完成したとのことで組み上がった写真をいただいたのでご紹介します。

ネットを見てご連絡いただいたお客様です。塗装はお近くのペインターさんに決まっていたので、デザイン画像を納品させていただくまでの対応でした。

実は納品したのは3月初旬でしたが、ご連絡があるまで公開は控えていました。真似されたら大事ですしね。(笑)

やはり、自分だけのオリジナルデザインは良いですね。気に入っていただけたようで何よりです。

 

こちらが決定稿のデザイン。

BMW Mラインを取り入れたデザインでというご要望と、ラインに挟まれたサイドカウル(ロゴ周辺とタンクの下部のエリア)の色味検討、ロゴの配置検討が主なミッション。場合によっては入手困難なロゴのデータ化もというご依頼でした。

サイドビュー

フロントビュー

リヤビュー

完成車 お客様から頂いた写真

高級感とレーシーな雰囲気が良い感じでブレンドされた世界で1つのマシンに仕上がりました。テールのニュルブルクリンクのステッカーもカッコいいですね。

当方では、このようにシミュレーションデザインのみのご依頼も受け付けております。

カスタムペイントをやるなら、こだわりの1台にしたいと思う方は是非一度ご相談ください。塗装前にデザイン画で色々と検討できますし、塗装完成までの酒の肴としても活用でき(るそうです。←別のお客様からのコメントを頂いたのでご紹介します。笑)ます。また、塗装完成後のトラブルも回避できますし、塗装費の見積りもより正確になるかと思われますのでよろしくお願いいたします。