Versys1000カスタムペイントデザイン案

カワサキのヴェルシス1000が2019年モデルでブランニューになりました。

昨年までのデザインは個性的すぎだと思っていましたが、今回のヴェルシス1000は、Ninja250などのデザインラインを反映して、かっこ良くなりました。ようやく万人受けなデザインになったと思います。これなら購入したいと思う人も多いのではないでしょうか。かく言う筆者も気になるモデルになりました。

かねてからヴェルシスは4気筒エンジンでした。2気筒のスポーツアドヴェンチャーモデルが多い中、そこが個性的でした。4気筒エンジンが好きな筆者はこのモデルチェンジで選択肢のストライクゾーンに入ってきたなと思っています。

さっそくぱっと見はノーマルかも思うようなグラフィックにカスタムペイントするというコンセプトでバリエーションを3つほど作成しましたのでご紹介します。

まずはノーマルのヴェルシス1000。オーソドックスなデザインの中にロゴを大胆に配置したところに拍手。ただ、筆者はライムグリーン魂なので、もっとライムグリーンの領域を多くしたいと考えました。基本的にはパーツ単位で色を変え、なるべく塗り分けしないようにしています。


そこで、1つ目のデザイン。
サイドカウルのグレーを挟むようにグリーンがシート前端に潜り込んでいるラインですが、ここをあえて反対側に回り込むよう直線的なラインにしました。グレーも明るいプラチナシルバーのようなグレーにし、グリーンとのメリハリをつけました。1000と入っているパーツの形状がかっこいいので、そこを目立つようにあえてフレーム(カバー)を黒くし、えぐられているようにしています。
またがると膝で隠れてしまう部分ですね。

3つの案に共通しているのは、Fフェンダー前部とトップケースの蓋、ハンドガードをグリーンに。さらにホイールにはグリーンのリムテープをいれています。更にシートはタンデムシート前部を少し低くし、軽快感を出しています。黒い表皮に変更する想定です。


2つ目のデザイン。
サイドカウルをほぼプラチナシルバーにしてラインを強調した案。デザインの意図がわかりやすくなりましたが、プラチナシルバーの面積が増えた分、若干軽快感は少なくなりました。少しドカに似た印象もありますね。


3つ目のデザイン。
今度はオールライムグリーンです。サイドカバー前部とさらにはパニアケースの蓋も塗ってしまおうという案。筆者の1400GTRの印象にも似ています。大胆なロゴ配置もやめて入れられるところにさりげなく入れています。一番地味で重厚な案かもしれませんがライムグリーンの面積が増えて筆者的にはありだと思う案です。ちなみに実車にまたがって直立させてみましたが、さすがに1400GTRと比較すると軽快に起こせたのが印象的でした。

パニアケースの蓋ですが、ライムグリーンを増やした分、トリム部分を黒にしてバランスを取っています。グリーンのラインも黒くしています。

こうやってグラフィックをいじっていると、ノーマルのデザインは良く考えられているなと思います。カスタムペイントの参考になれば幸いです。気になる方は下記のバナーのリンク先からお気軽にお問い合わせください。

Kawasaki Ninja H2SXカスタムペイントデザイン

さていよいよカワサキのブランニュー、スーパーチャージャー搭載のツアラーモデルが公開になりました。

H2が登場し、Webや各バイク雑誌でいろいろとCGスクープ画像を見ながら待ちかねていました。公式画像が公開されたのでさっそく未来のマイバイク候補の

H2SXのカスタムペイントデザインをしてみました。今回のテーマは初期型のZXR750のような塗り分けパターンを採用し、メガツアラー系から少しスポーティーな印象でやってみました。オリジナルはパーツごとの塗り分けがメインですが、散漫な印象になりがち。オリジナルのペイントをするなら、そこはあえて大胆にやりたいですね。

 

ということで、この案ができました。いかがでしょうか。アッパーカウルからステップまで黒い帯を通したデザインにしています。ライムグリーン率を上げるためにホイールのリム部分のみボディー同色のライムグリーンにし、全体として黒とグリーンのバランスを取りました。これだけで軽快感が増したと思います。シートも黒い表皮に変えたいですね。画像には反映していませんが、できればステッチはライムグリーンで。

H2 SX 

H2 SX カスタムペイントデザイン案

オリジナル版

私がオーナーになるとしたら2,3年先になるかと思いますので、その頃に程度の良い中古車が出ていたら、例えばこのようにオリジナルのカスタムペイントをしたいと思います。

もしもオーナーになる予定の方でカスタムペイントをしたいと思っていらっしゃるようでしたら是非一度ご相談ください。

 

1400GTR I am 1400GTR Owner Tシャツ

1400GTRイラストTシャツ新作のご紹介です。1400GTRのオーナー様、あるいはファンの方へ。よろしかったら1枚いかがでしょうか?
以下のサイトから1枚からでも購入できます。
よろしくお願いいたします。

1​4​0​0​G​T​R​ ​O​W​N​E​R​ ​T​シ​ャ​ツ

デザインはこちらです。

1400GTRの正面からのイラストと、生産中止にはなりましたがツアラーのフラッグシップだったこのマシンのオーナーであることの誇りを堂々と宣言したデザインとしました。また、イラストの下にはそれにふさわしいスペックを記載しています。

この他にもサイズと色も豊富にありますのでお気に入りの1枚を見つけてください。
よろしくお願いいたします。

Kawasaki ZRX1200DAEG 外装カスタムペイントデザイン完成

めずらしく外装デザインが続きます。お客様より組み上がった写真をいただいたのでご紹介します。

前回の投稿のBMWのお客様同様、当方のネットをご覧になりお電話のご連絡をいただいたお客様です。

当初は、以前ブログにあげていた別のお客様のブログ記事を見て同じようにというご依頼でしたが、せっかくカスタムペイントするならオリジナリティを出しましょうという提案をさせていただきました。前回のお客様とはアンダーカウルの形状も違いますしね。それと、ビキニカウルの破損があり修理がてらペイントしたいという追加のご要望もあり、ビキニカウルのデザインもさせていただきました。今回も非常に気に入っていただけたようで、有り難いコメントもいただきました。誠にありがとうございます。

一度も直接お会いすることなく喜んでいただけるものをお届けできるのはある意味奇跡に近いです。それも信頼できる人とのつながりあってこそですね。関係各位に感謝しています。

今回は完成後の画像のみのご紹介です。一応、画像にシミュレーションデザインをしたものと平面のデザインもしてペインターさんに渡したのですが、カウルの形状が左右で大きく違うことや、スリット等の位置や形状で、デザイン通りには行かないこともあり、イメージを優先させて現物合わせで調整していただきました。

アンダーカウル左

 

参考:こちらは前回のもの

ビキニカウル 右

大柄な純正のラインに細かいグラフィックが追加されて繊細な印象になりましたね。

 

全体像の画像です。

 

すでにかっこいいカスタムがされているお客様のダエグですが、ペイントでさらに個性が出たのではないでしょうか?

とにかくダエグは人気ですね。この他にもアンダーカウルのデザインのみのご依頼もあります。ダエグオーナーの皆様、ご遠慮なくご連絡ください。よろしくお願いいたします。