ヤマハ テネレ700 YAMAHA Ténéré700カスタムデザインシミュレーション

めずらしくヤマハのバイクネタになります。

ヤマハのサイトによると、Ténéréとは、トゥアレグ語で「何もないところ」という意味だそうです。

発売から少し経ちましたが、あまり街ではみかけないテネレ700。
ヘッドライトまわりのデザインがエヴァンゲリオン風でなんか良いですね。

XT1200Zスーパーテネレにも注目していたのですが、なんかデカすぎ。笑
身長体重的には問題ないのですが、コケたら起こせなさそうでしたのでやめました。
そんな思いもあって、700cc2気筒で見た目に軽そうなテネレには惹かれました。
だけど、出た頃にはあまりオフ車に興味がなくなっていたので、スルーしていたのですが、
少し興味が出てきたので、ちょっと調べているうちに例によって、またやりたくなってしまいました。
ということで、前置きが長くなりましたが、もし自分がテネレ700を買ったらこうするというシミュレーションデザイン案です。

ヤマハ テネレ700カスタムペイントデザイン

マットシルバーグレーにフラッシュイエローとブラックの印象で仕上げています。
フロントフォークアウターチューブのゴールドとアルミ製アンダーガードはそのままで、ステップ類とサイドスタンドまで黒くしています。
ホイールはあえて青にし、差し色扱いに。本当はイエローのほうが差し色なのですが、
ホイールのみに青を残しましたので、全体のバランス的には青が差し色になります。
ホイールにはフラッシュイエローのワンポイントを入れていますが、ロゴとかの切文字にするかもしれません。
テールカウルはヤマハ風にストロボラインを入れて雰囲気を出しています。

これはきっと、オフロードは走らない仕様になるなと思います。
マットカラーですしね。石がはねて当たったら剥がれます。
トップケースやパニアケースもつけると思います。
ここまでやったら、オフ用のヘルメットのデザインもしなきゃと思いました。

見えていませんがサイレンサーはアクラポビッチに変更したいですね。これで四国の剣山スーパー林道を走ってみたい。

剣山スーパー林道

ちなみに、剣山スーパー林道は、87.7kmの日本最長の林道です。

ところで、本ブログではカワサキが多いですが、以前はTDR250やSR500を乗っていたので、実はヤマハも好きなのでした。

↑よろしかったらこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください